Blog

Normcocre

2015/7/19

「Normcocre」(ノームコア)がここ2年くらい巷のトレンドとなっています。
昨今、シェアという言葉と合わさってNormcocreは特にファッションは究極の普通、シンプルと理解されているように思う。
しかし、今日、目にしたとある記事に
「Normcocreとはファッションはシンプルだけど何かオーラがある事を追求している事」
と記載されていました。
そう考えて頭に浮かんだのがNormcocreの代名詞であるスティーブ・ジョブズ氏。
有名なスタンフォード大学でのスピーチ「Stay hungry, stay foolish.」はヒッピーのバイブルとなっていた
「Whole Earth Catalog」のキャッチコピー。
創業当時の会社はIT業界のガレージロックのような自宅のガレージ。
有名になっても彼の個性は群を抜いていた。
自分の理解していたNormcocreの定義と全く反対の人物なのです。
ヒッピーカルチャーの影響を受けて、ロックな生き方をする背景があるから
たまたまシンプルな服装だったとしても個性があるから、かっこ良く見えるし、オーラがある。
服屋がやらなきゃいけない、存在意義はその部分なのでは?
ネットでトレンドやカルチャーを都合良く解釈するのではなく感銘して体現する事で
自分なりにミックスされていき個性が確立されていくのでは?
それを提案、表現し感銘を受ける場所がお店なのでは?と思った次第です。
若輩者の戯言だと聞き流して下さい。
帰りにそんな事を考えていたら、またこの映画を見直したくなりました。


「Normcocre」の中で「Mass Indie」って言葉も出て来ているのですが、また次回に。。。
頭が良くない自分は、ただのカルチャーに対する皮肉にしか思えなかった。。。

Almost Famous

2015/7/18

何故かhandmadeやmade in USAに弱い自分は
ついつい、そういった物に惹かれてピックアップしてしまいます。
さらに、今は70年代を思わせるleatherやfeatherにbeadsが
たまらなく良く見えてしまいます。
まるで、「Almost Famous」(あの頃ペニー・レインと)の世界観が気分です。
もぅ、2年くらい言い続けているので聞き飽きたって言ってる人もいると思いますが。。。
1507181
1507182
1507183
1507184
1507185

ALTADENA WORKS

2015/7/18

HUgEという雑誌がありました。
とにかく、他には無いテーマでファッションだけでなく、
アート、音楽、映画とあらゆるジャンルを取り込んでいました。
当時は虜になって毎月、隅々まで見ては新しい発見をもらっていました。
テーマが早すぎたのか、廃刊になったのが残念です。
久しぶりに読み返してみると、やはり面白い。
こんな事をこんなに早い時期に取り上げていたのかと改めて感銘を受けました。
そんな中にLILYでも取り扱っているALTADENA WORKSの記事がありました。
これを見てロスに行った時にお店を見に行った事を思い出しました。
現代アートコレクターのオーナーの店舗はまるで美術館で流れている音楽はJAZZ。
アウトドアアイテムでしょと思って見に行った自分は良い意味で裏切られ、
言葉が出なかったしだいです。
家に置いておけばアートのようなデザインで、
ミルスペックのナイロンウェービングやホーウェン社のレザー、
さらに制作は30年以上の職人によるもの。
自分も5、6年使っていますが全く壊れない。
取り扱いにいたる際、代理店の方にも言われたのですが、
ファッションではなく1つの道具です。 さらに自分は民芸品(アート)でもあると思います。
1507171jpg
1507172
1507173
1507174
1507175

FourFiveSeconds

2015/7/17


RihannaにKanye WestでPaul McCartneyまるでカオスです。
音楽もファッションとリンクしているといいますが、
ミクスチャーがミュージック界もトレンドなのか?
と、色々と巡らせている時が至福の時です。

McFarland

2015/7/16

映画を見て感銘を受けたり、音楽を聴いてアーティストの真似事をしてみたり、
バックボーンを知って物がよく見えたり、カルチャーを覚えては本を読みあさり、
美術館に行っては感性が磨かれたと勘違いしながらアートを好きになり、
その都度、買い物にしても、コーディネートにしても失敗を繰り返し、
人と違う事を主張して自分の個性にしていく。 服屋ってこういう事だなって思って来たのですが、
なかなか、今の時代には合っていないのかも。。
それでも、やっぱり、こういう事がカッコいいと思うので、
若い10代にも響いてもらえると信じて、懲りずに映画の話を。。。
まっ、それしか出来ないのですが(笑)
San Franciscoの帰りの飛行機で見たこの映画。
サンフランでヒスパニック系の飲食店や歩いている人に目をうばわれていたせいか、 ケビンコスナーのベースボールTやら少年達が
とにかくカッコよく映りました。
ベースボールTにタトゥにインディアンジュエリーなんていいな。。
自分がするとまた、失敗を繰り返しそうですが。。。


allowfullscreen>


150715

Copyright © 2015 LILY All Rights Reserved.