Blog Category:Culture

NOMA t.d. 2

2019/8/27

NOMA t.d.が大量入荷。

インドにはイギリスからの古い織り機が今も存在し、

インド綿なんて呼ばれて綿産業でも世界的に有名。

独特の風合いと柔らかな肌触りが特徴的。

そんな生地を使って

セットアップでも使えるブルゾンとパンツが登場。

チェックは今回、NOMA t.d.のオリジナルストライプを
掛け合わせて作成されたオリジナルチェック。

店で見ると大胆な柄で難しそうですが、

程よいリラックス感がカジュアルにしてくれている。

実は

凄く使いやすい。

セットアップにローファーなんて合わせがしたくなる。

Burgundy



Bulack



Burgundy



Black


そして、このシャツ。

どうしても入れたかった。。

ハンドドローイングで作成された花柄に

オーバーダイでネイビーを上から染めている。

色が激しくならないのにどこか毒がある。

色のコントラストがいい。

一緒に入荷したレトロなシルエットのパンツと合わせて、

大人な艶のあるスタイリングがどうも気分。

まるで70年代のアーティスト。そんな気分。

インして女性にもこれからの時期に着てほしい。。

Harmony Shirt


このトラウザーズを見て

ボブ・マーリーやジミヘンを思い描いた。。

そんな70’sロンドンを思わすシルエットに素材感がいいんです。

それでいて、

膝下からのラインがノスタルジックにし過ぎない。

まさに今な気分の70’sリバイバル。

これ、ヘビロテパンツに間違いなしです。


Green




Gray


MUSIC Tee

2019/7/12

MUSIC Teeは今回も厳選しました。


夏になれば気分な

Grateful Dead。

今回はアイコン的なスカルで。

薔薇の感じが好きなんです。。

多くのヘッズを引き連れてのツアー。

こんなバンドはもう出てこないとしか思えない

そんな映画のようなジャムバンドは

まるで1つの遊牧民族。


最近、よく聴いていたU2。

まさか出てくるとは。

思わずピック。

テレビの企画で行われた

ニューヨークの地下鉄でのストリートライブ。

思いもしなかった出会いに

コンサートのお客さんよりも

笑顔で盛り上がっている。

想像もしなかった事が起きた時の方が

人は感動するのだと思う。

見ていて鳥肌が立ちました。


このジャケット ビジュアルが好きなんです。

ただそれだけ。

ジャケ買い的な。

理由が説明できない時だってある。

ただ、好きなだけ。


【THE BEATLES】のファッションが気になり始めた

そんな気分を感じるのはLILYだけ?

ロン毛になった彼らのファッション。

最後に行われたビルの屋上での演奏は

初期のマッシュルームヘアにモッズスタイルとは

全くの別物になっていたが、

その時の彼らが今、かっこよく見える。

そんなアビーロード。

LILY恒例のMUSIC & MOVIE Collectionは
いよいよ明日から。
お待ち致しております。

Red Hot Chili Peppers

2019/7/10

初めて生で見たのが

2011年のサマソニ。

今でも曲を聴くと

その頃のいい思い出が蘇る。

あっつい日に昼からビール飲んで、

最高の音楽を一日中聴いていられる。

最高な1日の過ごし方。

そんなサマソニに

今年はレッチリがまたやってくる。

人とは違うレッチリTeeを着て、

飲み続けて完全に出来上がった真っ暗な外で

ラストにアンソニーの歌声を聴いたら

今年のサマソニも

一生、心に残る思い出になるだろうな。。

サマソニ、行きたい。。。

MUSIC & MOVIE Collectionは
今週の土曜から。

MUSIC MOVIE TEE 明日から

2019/6/14

LILYでは恒例の

MUSIC MOVIE TEE。

早くも問い合わせが多いこの企画。

どうぞ、気になる方はお早めに。。

【JANIS JOPLIN】
サイケデリックロックの代表的な女性シンガー。

なんだか今、あのファッションがやけによく見えます。

サンフランシスコに行くと

今も彼女に向けて

道端に花が置かれていたのが

このヘイトアシュベリーで

どれだけ愛されていたのかがわかる

とても興味深いシーンだった。


【THE SHiNiNG】
アメリカで映画物を探すと

この映画が本当に多い。

何パターンあるのだろうか。

奇才スタンリー・キューブリックに

ジャック・ニコルソンの恐怖を覚える怪演。

名作だから残り続けるのでしょう。。


【MICHAEL JACKSON】
キング オブ ポップ。

色々言われるが、

彼の歌とダンスを

改めて見ると、

その凄さがわかる。

この時の彼が一番カッコいいと思っています。


【E.T】
今だから

そろそろ、レジェンド的なカテゴリーに入ったのではないでしょうか。

BMXに少年たちのファッション。

今では使わない合成技術。

それでいて、

誰もが知っている

名作の仲間入り。

Numb

2019/6/7

今の気分。

今年の夏はこんなワークな気分、

でもある。

当時のファーストアルバムを聴いた時、

そして、

かれらのワークウェアの着こなしを見た時、

これがアメリカンロックだと

アメリカに魅了された始まり。

衝撃的だった。

ミクスチャー。。。

Copyright © 2015 LILY All Rights Reserved.