Blog

PLANT2

2015/6/28

20150628
201506282
201506283

植物の旅は続き、今回は大きなディスキディアを求めて。
今回は大きくはないのですが、植物が自然のままに心を込めて育てておられる生産者さんの所でした。
また、長々と色々と話を聞いて気付けば3時間付きっきりでお話を伺いました。
写真でもある様な大きなディスキディアのポット等は圧巻でした。
いつの間にやら、植物ブログになってしまっています。。。

Plant

2015/6/27

201506265
201506265

サンフランで見た植物達は日本では見た事の無い大きさで、見た事の無い花を咲かせていました。
気候がそうさせていると思うのですが、スケールの違いにただただシャッターを切っていました。
アメリカもすごいですが、実は日本の生産者の方々も中々マニアックですごいです。
201506262
201506263
20150626
今回、お邪魔したした藤川さんのお話は面白く、植物も個性的で気づけば4時間も居座っていました。。
服も植物も人と同じじゃ面白くない。どこか、尖っている方が愛着もわく様な気がするのは私だけでは無いのではないでしょうか? LILYでは1点1点個性のある植物を選んで展開します。
是非、お楽しみに!
藤川さん、ありがとうございました。

201506267

San Francisco

2015/6/19

150619
1606192
1506193
1506194

少し前にSan Franciscoに行ってまいりました。
(今回のサンフランでLILYをやろうと決断にいたったのですが。)
まずは、時差ぼけを解消さすためにいつものように散歩がてら、
チャイナタウンで昼食を済ませて、ノースビーチへ。
いつものコースなのですが、やっぱりCity Lights Bookstoreを見るとサンフランに来たと実感します。
そこから、リトルイタリーをぶらぶらといいお店もあったりして。。
18時くらいになっても明るかったので、そのままミッションの今回、初めて行くADOBE BOOKSへ。
穏やかな空気の流れる店内、よく見るとあちこちにローカルARTが、
ローカルARTと言ってもここから有名になったアーティストはたくさんいるのですが。
(まっ、その話は長くなるのでまた後日。)
すると、スタッフから「ライブが始まるから見て行きな」「2バンドだから、最後まで見とけよ!」
そう言われると見ないわけにもいかず、とりあえず1バンド見て帰ろうとしたら、
何と2バンド目にクリス・ジョハンソンが登場。
クリスの生バンドを見ていると「BEAUTIFUL LOSERS」の映画の中にいる様な夢心地になり、
気づけば外は真っ暗。
一日目にして濃いぃ〜サンフランに完全にやられてしまったのです。
続きはまた後日。。

Neon Tube

2015/6/17

150617

トレンドなのか大手も含めて新店舗にはネオン管。とでも言うようにネオン管が使われています。
人と同じが嫌なひねくれ者の自分はネオン管を店舗で使用しようか、相当悩みました。
内装を行っていただいている方に「どこでも使ってるよな〜」、「みんな見飽きてるよな〜」と愚痴っぽく嘆いていたら、
それを察していただいたのか、すごい物が出来上がりました。
vintageのアルミケースにネオン管!見た事がありません。
さすがです。

1955’s CaliforniaMap

2015/6/16

150615

今回の内容のキーアイテムとなります1955’s California Mapです。
このMapを使用して装飾しています。多くの方に手伝っていただきペンキで装飾したのですが、
毎日、全員がペンキまみれ。中々、過酷な作業でしたが甲斐あってすごく良くなりました。
(自画自賛ですみません。)
早く、多くの方々にお見せしたい自信作です。

Copyright © 2015 LILY All Rights Reserved.