Blog

時代の転換期

2016/3/29

16-17秋冬の展示会、オーダーも半分くらい終わり始めているが、
自分の中で上手く整理できていない今回。
こんな事はあまり無い。
こんなんが良いねんなぁなんて、
誰かに何時も熱く話していたのに上手く喋れない。
唯一、コレクションであぁ〜こんな感じってきたのが「GUCCI」だった。
っで、アナログな自分はやっぱり雑誌の活字の方が頭に入ってきて、
雑誌を買い漁ってしまう。
今回、買った雑誌の中を見るとGUCCIだった。
インディアンジュエリーも好きやけど、何かJUNKな物が混ざってる方が
良いと思って10月に揃えたアクセサリー。
それを完璧にカッコよく使いこなしていたのが、アレサンドロ・ミケーレだった。
正直、驚いた。
あんまり売れないし違ったかなって思ってたのに。
自分がイメージし切れてなかっただけやったなと反省。
雑誌の内容は色々な著名人がコメントしている。
80年代のDCブランドの話や
スケーターを中心としたストリートとモードが近くなった話。
興味のあるところだったので、読み入ってしまった。
ストリートとパンクなTAKEO KIKUCHIやアバンギャルドなギャルソンは
ここ1年くらい興味があった。
読み終わっての感想は、、、
まだ頭の中が整理つきません。。
もうしばらく、悶々とする毎日が続きそうです。。
だから、ブログの内容も支離滅裂やなぁ。。。
ただ、はっきり思うのは
アレサンドロ・ミケーレ。彼はすごい感性とセンスの持ち主のように自分は思えます。
そして、80年代でもそのままではダメで何か今の気分に合う
プラスアルファが必要だと。
まっ、それが分からないから悶々としないですむのですが。。
内容は面白いです。
立ち読みじゃなくて、是非買って熟読して下さい!
(営業みたいになってしまった。。)
image1
image3
image2

音楽とファッション

2016/3/28

音楽とファッションは繋がっている。
代表的な1つはグランジ。音楽のジャンル分けされた名前だけれど、
そのアーティスト(たとえば、カート・コバーン)の服装が
ファッションの一つのカテゴリーになりコレクションのテーマや
ブランドそのもののアイデンティティになったりしている。
音楽を聴いて、その当時の歴史やカルチャーくらいまで
調べていくとファッションと繋がってくる。
是非とも、このブログをきっかけに若い人が感化されて
邦楽だけじゃなくて、洋楽も聞いてくれたら嬉しいな。
自分の最も好きなアーティストの1人。
ニール・ヤング。
この曲も調べれば色々と繋がり、気付けば多くの知識を得られると思います。


オリンピックの閉会式で出てきた時は興奮しました。
バンクーバーオリンピックでの思い出はこれが一番です。


アメリカ好きですが、好きなアーティストはカナダ人が何故だか多いんです。
それは、またおいおい紹介します。

Happy Wedding

2016/3/27

昨日は後輩の結婚式。
新郎が学生の時にバイトで採用してからの付き合い。
なので、もう9年くらいの付き合いになります。
バイトからフルタイマーになり、
売場作りを任せたら、最初はなかなか出来ず、
居残りで一緒にしたり。
自分の中ではこれが1番、思い出に残ってるなぁ。
この時代に良いのか悪いのか分からんけど、
やっぱり、チョットしんどい事を一緒にやる事が後々のいい思い出になるのだと思っています。
これからも、真面目なやつやから自分が言わなくても頑張るやろうな。
でも一言、新潟でも頑張れよ!
いつものように写真を撮り忘れて、ろくなのがありません。
すみません。。
image1
それにしても結婚式に呼ばれるとは、時が経つのは早い。
久しぶりの顔ぶれ。
みんなとワイワイするのも何だか懐かしくって楽しかったな。
若手が大分ふざけてたけど、みんな笑って受け入れてたなぁ。
周りの人達が優しいね。
2人の人柄がそういう人を集めているだろうな。
今回はLILYとしても、ご依頼を受けて
「welcome board」を作成しました。
ご相談、承ります。
気軽にご連絡して下さい。
それでは、お二人、永遠にお幸せに。
image2
image3
image4
image5

MTV Unplugged in New York

2016/3/26

せっかく、Rock Teeが入ったんで、それ繋がりを。
MTV Unplugged in New Yorkに収録されている、
「The Man Who Sold the World」。
David Bowieのカバー曲ってのが今聞くべき曲なんじゃないかな。
何か、そうやって1つずつ前の音楽やカルチャーを
知っていく事は大切な気がします。
亡くなっても影響力がある、David Bowieもさすがです。

I LOVE ROCK TEE

2016/3/26

音楽とファッションは繋がっている。
そう思わずにはいられません。
今回は80年代から90年代に活躍し、カルチャーを残した
ROCK BANDのTEEをセレクト。
みんな知っている、グランジの代名詞的バンド、「NIRVARNA」。
グランジは今や誰もが知るブランドのデザイナーが以前にしていたブランドコンセプトになっていたり、
マルジェラのファーストコレクションのテーマだったりとまさにファッションと
切っても切れないカルチャー。
去年はピークに色々なブランドでカートのフォトTが出ていましたが、
落ち着いた今年にあえて、本当に好きな人に向けてLILYでは少しマニアックな物を。
MTVでのライブをフォトTに。
モヘアのカーデにボロボロのデニム。まさにグランジを代表するスタイル。
DSC04509
DSC04510

詳細はこちら


この頃のカートは勢いがあり、何だか楽しそうにも見える。
去年は亡くなる最後のフォトが流行っていましたが、
何だか痛々しくてあまり好きではなく。自分はこっちの表情の方が好き。
DSC04507
DSC04508

詳細はこちら


あまり、一般的には気付かないかもってのがいいです。
DSC04511

詳細はこちら


去年に自叙伝を出した、キム・ゴードン。
あのニルヴァーナも早くから押していた事でも有名。
こっちは、ジャケット物で。
DSC04505

詳細はこちら


こっちは、色々なブランドがオマージュしたりで有名な物。
こんなのを女性が着ていても芯がありそうで好きになりそう。
DSC04506

詳細はこちら


大好きなバンドの一つ「DINOSAUR jr」。
一番お馴染みの少女がタバコを食らえてるフォトで有名な「GREEN MIND」のジャケット。
何だかカッコ良くて大好きなフォトの一つです。
DSC04504

詳細はこちら


最後はみんな大好き「レッチリ」
先輩に連れて行ってもらった、11年のサマソニのラストは
最高に興奮しました。
その後、原宿のキャットストリートで仕事をしていたら
フリーに会って、更に興奮した事を思い出します。
このジャケットで手首にタトゥを入れた人も多いのでは。
DSC04512

詳細はこちら


ジョンがいる4人はもう見れません。
しかも、シングルカットされた「Give It Away」はグラミー賞を受賞したりと、
話題の多い作品。
DSC04513

詳細はこちら


そのアルバムのこちらの曲はガス・ヴァン・サントがPVを監督。

Copyright © 2015 LILY All Rights Reserved.