Blog

LILY’s Styling Vol.3

2019/10/21


【LILY’s Styling】

リラックススタイルなのに

ハードに見える。

グランジなコーディネート。

今季もレディースのコレクションで

彼がテーマになっていた。。

いつも時代も

このスタイルは憧れなんだと。。

yoused – Remake Leather Double Riders JKT

アイテムの詳細はこちら



COMMON EDUCATION – “Chill in Utopia” LS Tee gold Kenji Kubo

アイテムの詳細はこちら



NOMA t.d. – N Plaid Pants

アイテムの詳細はこちら


LILY’s Styling Vol.2

2019/10/20




【LILY’s Styling】

ヘビーモールスキンにコーデュロイ。

なんだか

ブリティッシュな気分な今年。

ちょっとoasisが頭の片隅から流れます。

フォーマルでブリティッシュなコートは

Breechez。

あまり見かけないブランドですが、実力派。

素材、縫製、パターンはフォーマルで高品質。

なのに思いっきり遊んでいる。

本物で遊びがあるからたまらない。。

個人的にヘビロテなブランドに1つです。


Breechez – Heavy Moleskin Reversible Coat Brown

アイテムの詳細はこちら



TROUBLE COFFEE – Map Hoodie

アイテムの詳細はこちら



CESTERS – Easy Corduroy trousers Navy

アイテムの詳細はこちら


LILY’s Styling

2019/10/19

今回はとある企画で撮影。

スタジオでLILY’s Styling。

プロのカメラマンに設備。

久しぶりの現場は楽しかった。

体調が悪く、若干二日酔いでしたが、、笑



ONES UPON A TIME IN HOLLYWOODの影響では無いけれど、

LILYも気分は70’s。

映画の時代背景がリンクし、

その後、日本でもニュートラとしてヒットする

ラングラーのフレアは

スタイリングに入るだけで

ボヘミアンな匂いが漂い、

まさに今な気分。

NOMA t.d. – N Plaid Blouson

アイテムの詳細はこちら



TROUBLE COFFEE – Map Hoodie

アイテムの詳細はこちら



wrangler – Wrancher Dress Jeans

アイテムの詳細はこちら


ONES UPON A TIME IN HOLLYWOOD

2019/10/18

先日、ようやく観れた

ONES UPON A TIME IN HOLLYWOOD。

タランティーノ、やっぱり面白い。

サブカルチャーオタクだけあり、

ちょくちょくねじ込まれている

ストーリーに

配役に

思わず笑ってしまう。

その時代背景から

ファッションも気になって仕方がなかった。。

まさに今、気分な映画。

とても良かったです。

映画を見た際は最後まで見逃さないで下さい。

自分は

エンドロールで一番笑いました。

MUSIC & MOVIE Collection sweat

2019/10/11

【FULL METAL JACKET】

スタンリー・キューブリック作品の名作はあれど、

これは少しヒネったネタで

気付いてくれる人はかなりの映画好きかと。。


【PULP FICTION】

タランティーノ作品が公開になったばかりですが、

ストーリーから細部にまで

こんなに凝った作品ばかりを作る監督は他にいないと

この映画は思わせてくれる。


【E.T.】

スピルバーグ作品の中で、

こんなに愛にあふれたSF作品は無い。

愛があるから

いつまでも愛されるのだろう。。


Copyright © 2015 LILY All Rights Reserved.