Blog

Tartine Bakery

2015/9/4

SNSで見て、知っているつもりになったり、
本や雑誌で得た情報で全てを知ったような気になって話しているのを街角や、
カフェなんかで隣の席の話が聞こえてきてしまいます。
そんな時にいつも思う事があります。
自分でその場所に行き、五感の全てで感じて始めて自分の物になるのだと思います。
本質はNETなどの情報の先にあって、文字や動画では伝えきれない何かがあると思うのです。
NETでポッチっと買い物するのではなく五感を刺激されたり、新たな発見を見つけたり、
スタッフから生の情報を得たりする。
こんな世の中だからこそ、お店が必要なのだと思うのです。
自分がそう思わせてくれたお店が「Tartine Bakery」。
高そうな服でランチしている夫婦から、ローカルスケーターまで集まる、本当にすばらしいお店です。
日本に出来なかったのが残念です。
LILYの名付け親的なお店です。
「LILY」もまた行きたくなる刺激的なお店にならなければと改めて思っています。

PRO TAG

2015/9/3

2012年にLOS ANGELESで設立した、全行程を自社工場で制作している、
正真正銘のMADE IN USA。 
これだけでもたまらないのですが、ブランド以前は多くのブランドのOEMを作っていた経緯のあるブランドです。
あまり、USAにこだわりが無くなりつつある昨今ですが、服を好きになれば、
やっぱり、アメリカ物は買わずにはいられません。
価格もお手頃なのが魅力的です。
1508201
1508202
150931

FAZE APPAREL

2015/9/2

サンフランシスコメイドのシャツです。
チェック柄はきれいなのにやはりアメリカブランド。
程よいBOXシルエットがやはりツボです。
今年のヘビーローテーション間違いなしに着ています。
1509021
1509022
FLANNEL SHIRT ¥14,800- +tax

BEGIN AGAIN

2015/9/2

今日、後輩が人生の大きな一歩を踏み出す決断をしてLILYを出て行きました。
昨日、今日と彼とは合わせて5時間くらいは二人きりで雑談をしていたと思います。
ここからは以前にブログでも書いた内容と似ている自分の考えなのですが、
夢や希望は魅惑の魔法の言葉(パンドラの箱)だと思うのです。
情報が溢れている今、特に東京という町は色々な人に出会うがあまり、
隣の芝生は青く見えてしまい、他人の方が自分の「夢」に近づいているのではないか?
今の環境では自分の「夢」にはたどり着かないのではないか?
と、あっちにしようかこっちにしようかと迷宮入りしてしまい、
「夢」という魔法の言葉で言い訳をしてしまい、辛そうな事に対して、
実はそれが本当に大切な一歩なのに気付かずに踏み出せない。
最も危ない言葉のように思います。
必要なのは今いる環境でなりたい自分に近づく努力をする事が最も大切なのに。
環境が自分を変えてくれるのではなく、環境なんか関係なく自分がなりたい自分になるよう努力する事が
今の時代、かっこ悪く見えるかもしれないが、最も大切な事なのだと思うのです。
今日の通勤電車の中で、彼を見送る背中を見て、
この映画を思い出して、この曲が頭の中で流れていました。
こんな上から目線で言いながら実は、
彼を思いながら自分とも照らし合わせていたのかもしれません。
彼のように、そしてこの映画のように、LILYも一歩を踏み出したばかり。
映画のように手作りで周りから見れば危なっかしい店だと思います。
エゴだ何だと言われようが、彼のように何か刺激が与えられる店であり、一生付き合える店でありたい。
だから、今の環境を受け入れて夢中で楽しむ事が大切。
彼のおかげで、自分を見直す事も出来たような気がします。
彼の今後の活躍をLILYで聞ける日を楽しみに、陰ながら応援していきたいと思います。
彼にGood Luck!
1509012
1509011


LABWEAR by FRAIZZOLI

2015/9/1

イタリアはミラノで1923年から生産はすべてミラノの自社工場で行われ、
ホテルやレストランからミラノ市警や海軍、裁判官、マーチングバンドと
幅広いユニフォームを手がけて来ているユニフォームメーカーのカジュアルラインです。
見た目はワークジャケットのような無骨なのですが、着てみるとさすがイタリアンブランドと
驚く仕立ての良さに品を感じます。
これを着た時に感じたのが、少し前までコレクションなどでも発表されていた、
初代ウールリッチ・ウーレンミルズ。
アメリカブランドのウールリッチがイタリアの企業に買収されて新たに出来たコレクションライン。
デザイナーが鈴木大器さんという事もあり、見た目はクラシックアメリカなのですが、
着ると、どことなく品がある。
鈴木大器さんのブランドとは、また違った魅力があり、
ミーハーな自分はもちろんハマってしまい、ファーストシーズンから頑張って買っていました。
今でも着ているションブレーシャツは自分の定番アイテムです。
話が飛んでしまいましたが、LABWEAR by FRAIZZOLIは
同じ感覚にさせてくれるブランドだと自分は思っています。
昨今の90年代ブームであまり見なくなったテーラードのセットアップで今年の秋はどうでしょうか?
あまり語り過ぎては想像力を邪魔してしまうので、このへんで。。
兎に角、一度、試着して下さい。間違いなしに不思議な感覚になると思います。
1508314
1508315
1508316
1508311
1508312
1508313

Copyright © 2015 LILY All Rights Reserved.