Blog

懐古主義とリバイバル

2015/10/4

最近、よく話題になる事があります。
それは昨今、話題になっているリバイバルについて。
あるメーカーさんとの打ち合わせで50’Sのイラストを使用したアイテムについて話しているとき、
自分達が作るとコテコテの50’Sになってしまうので、
今の感覚がわかる若い人に任せたと言うお話を聞いた時に
これはこれで、アリだなと。
その当時を知っている人が今を分かる人にデザインを任せる。
良い意味で役割分担が出来ているような気がします。
後日、違う場所でデニムを作るとリーバイスはこういうオンスじゃないとか加工じゃないとなり、
結局、その当時のレプリカになってしまうというお話。
はたまた、90’Sに流行ったコーディネートをそのまま提案していたり。
70’Sや90’Sを知らないで今の流行として上澄みをすくうように
誰かが着ていて流行っているからと済ましてしまう若者達も何か違うような気がする。
90’Sや最近では70’Sのリバイバルと言われていますが、
懐古主義になっては時代に取り残されている様で、どこか間が抜けている。
けれど、何も知らないでいるのも踊らされているだけで、薄っぺらく見えてしまう。
天の邪鬼な自分はどちらの話も何か違う気がしてしまう。
だったら、リバイバルとはどういう事なのだろうと考えてしまいます。
そんな事を思いながら、最近の展示会で10代に流行、良く着ていたアイテムが並んでいました。
自分も年を取ったのかそんなアイテムが出てきたことに驚きと興奮を覚えて
新鮮に見えてオーダーしたのですが、
果たして、今を切り取るアイテムとして提案出来るまで考えていたのかは定かではない。
ただの懐古主義だったらまずいなと今更ながら反省しています。
ここで、思い出したのが、ある最も好きな服屋の一人の方の雑誌でのインタビュー記事。
誰もしていなくて、面白いと感じた事をやっていく。
例えば、インポートショップがドメスティックブランドを軽視していた時代に
ドメスティックブランドを面白いと受け入れていた。
革靴しか履かなかった時代にリーボックなどのスポーツブランドをファッションとして
服屋で取り扱ったという伝説的な逸話。
もちろん、その方はアメリカやインポートが好きで自分は
足下にも及ばないくらいに詳しい事は言うまでもない。
そんな人がそれでも新しく起こっている事に面白みを感じて
今までの経験を活かして、新しい事を起こす。
これが、自分が思うリバイバルだと。
簡単なようで、すごく難しいと改めて考えています。
自分も服屋として知識というバックボーンで良い物を見極める目と
今を切り取れる新しい事へのチャレンジをしていける感覚の2つを持ち合わせられるようになりたいものです。
例えば、この映画のこのシーンのように。
新人監督がビル・マーレイにボブディランの「嵐からの隠れ場所」を歌わす。
何か、良い物を見極めて新しく昇華しているように思います。

JUNK

2015/10/3

JUNKの取り扱っているのに全然紹介出来ていなかったので、
今回はLILYのJUNKを少しご紹介。
1510031
THERMOSのクーラーボックス。 今は日本企業に買収されてしまいましたが、こちらはそれ以前のアメリカ製。
まだまだ、現役で使えます。
キャンプでこんなの使っていたら、周りからの注目の的では?
少なくとも自分は釘付けになります。
¥16,000-+tax
1510034
LAUNDRY BOX。
映画なんかで出てくるコインランドリーにあるあれ!です。
いい感じになっててシャビーな感じ。
こんなのが庭やベランダに無造作に置いてあったらその人と必ず友達になりたいです。
¥48,000-+tax
1510033
STEPLADDER(脚立)
アメリカの業務用の脚立です。
さすが、業務用というほど足回りがしっかりしています。
これにステッカーなんか貼りまくって飲食店とかで使っていたら通ってしまいます。
家でも靴や植物を置く台としても使えそうです。
¥15,800-+tax
1510032
CASTERS STOOL
このシャビーな感じに手まげの足回り。
日本で探しても出てこないと思いますよ。
¥28,000-+tax
1510035
THONET CHAIR
形状から50年代に活躍したイームズも採用して作っていた木曲げのチェアー。
サイズからしてアメリカの小学校で使用されていたもののようです。
木曲げは人の体重に合わせてしなってくれる為、体にフィットして座り心地が最高なんです。
リビングで、花瓶台なんかでも雰囲気よさげです。
¥25,000-+tax
1510036
1510037
1510038
PARASOL TABLE。
アメリカ製の組み立て式のパラソルテーブル。
日本じゃ、まず作らないアイアンでのパラソルテーブルです。
しかも黄色の色のチョイスもさすがです。
このシャビーな感じ大好きです。
ベランダや庭に置いておきたい。
¥56,000-+tax
1510039
また、少しずつJUNK物もアップしていきます。

OUTDOOR Knitwear

2015/10/2

イギリスで100年近く続くニットブランド「OUTDOOR Knitwear」。
著名な方の顧客も抱えるこのブランドは陸軍や海軍にも支給しているブランドなのです。
昨今、なかなか本物のニットに出会えないと思っていた矢先だったので、興奮してしまいました。
ピュアウールにスウェードのエルボーパッチ。
カントリーで本物で今期外せないアイテムになりそうです。
1510021
1510022
Price: ¥27,000-+tax
高品質のウールにスウェードパッチ、
ショーツと合わせたり、コックパンツなんかと合わせてもいいなぁ〜。
もちろん、ストレートデニムと合わせてクリーンなイメージもありだなぁ〜。
1510023
1510024
15100210
Price: ¥25,800-+tax
こんなプレーンなニット。
ウールパンツと合わせたり、軍パンなんかと合わせた女性なんていいかも。
15100211
1510025
1510026
Price: ¥14,500-+tax
軍に支給しているだけあってミリタリーなニットも
細く見えるのに着ると窮屈じゃない。
ボロボロのデニムなんかにテーラードとかいいかもなぁ〜。
ちょっと「セルピコ」みたいにして。
1510027
1510028
1510029
コーディネートなんかはインスタで上げていきます。

St.Vinsent

2015/9/30

早めに展示会巡りが終わり、前々から見たかった映画。
こんな大人になりたくないと思いながらも、こんな大人に惹かれてしまいます。
何故だか、どんどんかっこ良くなっていくビル・マーレイ。

SUBPOP

2015/9/29

昨今、空前のgrungeブーム。なのか?カート・コバーンブームなのかも?
兎に角、よく見たコバーンのプリントT。
元を辿るとNIRVANAはこのSUBPOPというレコードレーベルに見いだされたのです。
カート・コバーンと確執のあったParl Jam。Mudhoneyなど蒼々たるバンドが所属し、
グランジという音楽だけにとどまらずカルチャーを作り出したレーベルです。
やっぱり、こんな背景の濃い物は仕入れてしまいます。
流行のカートから一歩踏み込んでSUBPOP。服屋や音楽好きにはたまりません。
1509282
1509281
1509183 1509284
1509285

Copyright © 2015 LILY All Rights Reserved.